Members
ライン
〜人に上手に伝える技術〜
情報や造語が氾濫する現代、言葉や意思を伝達する事も大変になって来ています。そこで今回は『伝えるための工夫』を紹介したコラム記事をまとめましたので、ご紹介致します。
【@大書きを活用】
学校での板書など、何かを伝えるためのポイントを大書きするのは、伝達術の基本です。文字や図で視覚に訴える事で、聞き手が覚えやすく、聞き間違えも防ぐ事が出来るそうです。
【A口に出してもらう】
書くこと同様、口に出してもらうことも強い印象が残る行為です。口に出してもらうためには、メッセージを絞り込み、シンプルで口に出しやすい言葉に置き換え、さらに全員で声を揃えたり、代表を指名して読んでもらう事も効果的です。
【B手間を惜しまずアナログで】
最近ではパソコンを使って説明する事が増えてきましたが、アナログも侮れません。アナログ的手法は、手間も時間も掛かりますが、手間を掛けることで逆に印象に残りやすく、結果的に効率の良い形でメッセージを伝達できるそうです。
【C書いてもらう】
書くことは、復習に役立つだけでなく、内容を理解し、記憶する効果も期待できます。書き留めておく事、そこには身体的記憶が残り強い印象が残ります。学校の授業そのままです。 

以上簡単なご紹介でしたが、便利さに流されず、手間を惜しまず、伝わると信じて心を込める。一生懸命さが自然と相手に伝わるように、言葉使いには、心配りを大切にして、今後のコミニュケーションをはかっていきましょう。保険のご説明も聞き手に合わせた『言葉』にすることを常に心掛けていますが、本当に日本語は難しい言語です。